お塩先生に部屋を無償提供するメリットは?2009年08月05日 13:24

ところで 野口氏がお塩先生に無償で部屋を提供する裏には、お塩先生から何らかの見返りがあるからでは無いだろうかと思う。彼女の過去の軌跡を見ても、自分にメリットが無ければそんなことしないダしょうに。エイベックスの花形アーティスト、浜崎あゆみ氏とも大変仲がよろしいという証拠もある。当然エイベックスの社長とも繋がりがあると思うダ。

お塩先生のスポンサー的な役割で世話をし、せっせとヨイショしていた野口氏。個人的にお塩先生には惚れていたのかも知れないダな。もしかしたら エイベックスにお塩先生を紹介したのも 彼女かも知れないダす。うんじゃ、見返りは何か。もしかしてもしかすると、野口氏本人の夜のお相手やら、野口氏の人脈パイプライン構築の為に お塩先生を利用していたかも知れないダな。

つまり、野口氏にメリットのある女性実業家やお金持ちの女性の中には「お塩先生のファン」も居たと思うダよ。そういった女性たちに お塩先生をあてがってご機嫌を取っていたのかも知れないダな。お塩先生にベッドのお供をするよう手配して貰ったという貸しを作れば、将来のビジネスにも役立つダしょ。

んじゃなきゃ お塩先生だって六本木で豪遊など出来ないダしょ。豪遊できるような大金、今のお塩先生は稼げているのかぇ?全盛期じゃあるまいし、そりゃ無いダしょう。資金源になっているのは 案外この野口氏だったりするかも知れないダ。

ヒルズに住んで湯水のように無駄遣いしても尚有り余る程のお金を持っていらっしゃるんダしょうから、お塩先生に月々100万円単位でお小遣いを渡すことなど、オラたちが100円を使う感覚なんダしょうからねぃ。

― wikiより抜粋 ―
2008年2月9日に、歌手のマドンナとグッチが行ったチャリティイベントに参加。そこではオークションが行われたが、野口は「マドンナ、グウィネス・パルトロウと一緒にダンスレッスンできる権利」を60万ドル(約6420万円)で落札した。

チャリティーイベントでの野口氏(マドンナとハグしている)


http://www.youtube.com/watch?v=EkZWOS96T9k

また、彼女の私生活は尋常では無し。ヒルズのマンションには 男性二人と女性(豊田さん)一人を住まわせていたという程、家庭に対する価値観は非常に風変わりだと思われる。そんな野口氏が なんぼ冷め切っていたとはいえ、妻子あるお塩先生に平気で あんなことやこんなことをする部屋を与えていたというのも 頷けるダなあ。元々母よりオンナ、幾つになってもオンナはオンナの野口氏ダすから、「結婚してたって恋愛は自由よ!」なんて平気で言ってそうダすな。

まぁ、彼女の場合 金稼ぎは博打に近いと思うダす。オラと違って 成功すれば一気に億万長者になるタイプではあるダが、謙虚に構えないで傲慢になると自ら地雷を踏んで一気に奈落の底に落っこちるタイプだねぃ。人に従うのが嫌いだから自分で道を切り開く性質だと思うダ。
ほいで感情家だし、怒ればヒステリックだし、束縛は嫌いだし、結婚しても続かない性格に見えるダす。ただ、自分の言ったとおりに従う相手とか同調してくれる相手は無茶苦茶大事にすると思うダよ。

今回の事件に関しては どこまでも自分を正当化させると思うダよ。物凄くプライドが高いダもん。恐らくはお塩先生や周囲の人を盾にしてでも 自分は悪くないと逃げると思う。自分を守る為なら 彼女はどこまでも嘘を付き、平気で裏工作をしまくるであろうと思う。

幾つになってもオトコに恋しなきゃ頑張れない性質ダすので、一生通して色情で問題を起こしやすいと思う。自分の身の上が既婚独身関係無く、惚れた男には直ぐに夢中になって、惚れた相手に好意をアピールせずにはいられないので、せっせと世話を焼くダ。そういう彼女の気質を見れば、野口氏はお塩先生に惚れていたと見ても不思議は無いダすな。

・・・いや、その、実はオラの知人に野口氏に非常~によく似た女性がいるダよ。彼女ほど金の蟲では無い為、マイペースで自営をやっていたダすがね。なんと、生年月日がまるまる野口氏と一緒なんダすよ。野口氏の話を見たり聞いたりしていると、どうしてもその女性とリンクしちまってねぃ。彼女は野口氏と性格も雰囲気も 辿る道もよく似てるダ。因みに彼女の場合は昨年 自己破産して、今は1日1000円生活で頑張っているダ。かつては全身ブランド物で身を固めるほど リッチに生活していたのにねぃ。

野口氏も謙虚にならないと、彼女と同じ運命を辿るかも知れねぇダよ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック