のりP、あなたも麻薬をやっているね?2009年08月07日 11:12

8月2日 道玄坂

たまたま近くにいた男性が、高相さん&酒井法子氏と警官の遣り取りを目撃していたそうだ。某番組のインタビューを受けていた。

高相さんが警察官に職務質問を受ける

取調べを拒否る

電話させてくれ と、携帯電話で誰かに電話をしていた

(酒井法子氏に連絡を取っていた)

間も無く酒井が歩いてやって来た 慌てている様子は感じなかった

ニコニコとした笑顔で「どうしたんですか?」と警官に話しかけた

高相さんを含め、警察官と三人で 約二時間話していた

聞こえてきたのは酒井法子の声の
「そうですよねー、ですよねー、ですよねー」
と相槌を打つ声

結局 所持品を調べられた

麻薬所持がその場で解った途端、酒井法子氏が
「なんでこんな私に辱めるようなことするの!!」
と云って泣いた

なんでこんな

私に

辱めるようなことするの!!



人間は、咄嗟の時の言動にこそ その人の本質が出るもんだと思う。
酒井さん、やっぱり自分が大事なんダすなあ。
オラ、酒井さんの放った一言が本当だとしたら、がっかりだな。

いくら冷え切っている夫婦だったとしても、オラだったら言えねぇな。
夫婦じゃなくなって言えねぇダな。辱めるって、アンタ、どんだけ自分が立派で偉い人間だと思っているダよ?言い方を変えれば、

私に恥をかかせやがって!

って、言ってるんダすよ!?旦那のことより、先ず自分ダすよ!?当事者は旦那ダす。捕まったのは旦那ダすよ、酒井さん。オラが酒井さんの立場だったら「嘘!嘘でしょ?あなたを信じていたのに!」なんてことを言ったかも知れないダなあ。だども酒井さんは「恥をかかせやがって」という意味の言葉を放った。

まるで893の親分が仕事に失敗した出来の悪い手下に放つようなシチュエーション。 ああ、そうか・・・酒井さん、やっぱり

旦那の麻薬を知っていたんダすね。

そんなにまでして、自分の作り上げてきた「元アイドル」のイメージを守ることが大事なんダすかねぇ?確かに酒井氏のファンは未だに多いダす。自分自身やファンの為にも自分のクリーンな印象を崩したくないと思うのも解るダすよ。だども、そんな言い方は無いダよ・・・。酒井氏は 言葉がキツ過ぎると思う。女性としての優しさや思い遣りが足りないと思うダよ。酒井さんが惚れた相手ダしょうに。自分で選び、自分で決めて結婚した相手ダしょうに。かつて愛情を注いでくれたであろう相手に愛想を尽かしたら、そういうことを言うか。

酒井さんは これまでも、旦那に限らず 随分色んな人を鋭い言葉で傷付けてきたんじゃなかろうか?自分を正当化する為に ナイフみたいなキツイ言葉で 相手を切りつけていたんじゃなかろうか?

オラはそんな気がする。

酒井さん、
逃げちゃ駄目だ 
逃げちゃ駄目だ 逃げちゃ駄目だ

碇シンジ君を見習うダ。
※アニメ エヴァンゲリオンの人

酒井さんが自殺をするようには思えないダ。恐らくはどこかに潜伏しているんじゃなかろうかと思うダ。先日 お子さんが無事に保護されたと聞いて安心したダすので、酒井さんに改めて言いたいダ。考えを改めて戻って来て欲しい。麻薬をやってますって腹を括って白状して欲しいダす。

コメント

_ ZIZI ― 2009年08月09日 16:26

金の切れ目は縁の切れ目と言いますが・・・
薬とは縁が切れなかったんでしょうなぁ

稼ぎのない旦那は薬の入手のための繋ぎ役??
公認の愛人は自分の友人・・・
理解出来ないっす(..;)

それだけ薬が影響してるのかな?
私は、やったこと無いしやるつもりも無いがそれだけ依存性があるって事だよね

_ 榮華楼 ― 2009年08月19日 02:36

> ZIZIさん
コメントが遅くなっちまいまスたダ;

やー、本当に残念なことダすよなぁ。
麻薬の依存症はとてつもないらしいダすからねぃ。
酒井氏はなんか、こう、瓢箪みたいな人生ダすな。
山と谷がクッキリハッキリしているというか、浮き沈みが激しい感じがするダす。
お塩先生共々、一日も早く更生して欲しいもんダすね。

オラの父親は戦前の生まれなんダすが、終戦後しばらくは麻薬の
取り締まりが今ほど厳しくなかったそうなんダす。
父の兄、つまりオラの叔父が 麻薬に関わる事件で亡くなったダすよ。
沖縄の米軍基地で働いている最中に覚えちまったそうで、父にも
「気分が良くなる」と気軽に勧めてきたそうダす。
まだ少年だった父(昭和20年代)は、恐ろしさを知らずに 興味本位で
麻薬を打ったそうダすが、効能の恐ろしさを実際に体験して
二度と手を出すことは無かったと云っているダす。
この快楽には絶対に溺れちゃいけない って、怖くなったそうダすよ。
その後、麻薬に溺れた兄に幾度も麻薬から離れるように説得したそうダすが
その甲斐虚しく、麻薬売買をしていた893さんに 命を奪われちまったダす。

当時は新聞に載ることも無く、世間に知られることもなかった事件ダすが、
オラが生まれるずっと前に 実際に身内であった出来事なんダす。

長文失礼いたしまスた・・・。

_ ZIZI ― 2009年08月19日 16:35

麻薬取締法が出来る前の話ですね・・・
戦争中は軍が兵隊に使っていたとか?確か「ヒロポン」とか言うものだったと思う。

寝なくても平気、太べなくても平気、気分は上々・・・
こりゃ、使うわな(..;)

_ 榮華楼 ― 2009年08月19日 17:30

> ZIZIさん

そうダす。
まさに「ヒロポン」ダすよ。
父は打たれた瞬間、意識が飛んで軽い失神状態になったそうダす。
同じようにして 同級生が初めてヒロポンを打たれたのを見た時、矢張り
後ろにバタンと倒れて 少しの時間失神状態になったそうなんダすよ。
そこから覚醒して、パラダイスなひと時にトリップするらしいダすね。

今ほど麻薬の情報や知識が流布していなかったダしょうから、
気軽に手を出して、気が付いたら重度の中毒者になっていたなんてぇ
ことも よくあったのダしょうねぃ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック