オカルティックな金曜ナイト2009年08月22日 01:32

 オラは数年前に一度”三途の川”ってぇのを見て来たダす。
一瞬の間に、人生を走馬灯のように見る・・・という体験もしまスたダ。

 以前から”その気配”は自覚していたダすが、その日を境にして、オラの身の上には時折 理屈では説明のつかない出来事が起こるダすよ。今夜のログタイトルを「オカルティック」としたのは、それらの事柄が通常なら目で見える物事では無い分野になっちまうからなんダすけれどね。オラ、オカルトには殆ど興味が無いダす。だども、オラの身に起こった事実は事実として認めているダすよ。

 こういう話を他の方にすれば、大抵は気味の悪い奴だと思われるので、普段は滅多に話しませんダが、晩夏の思い出話として残しておこうと思うダす。ご興味の無い方は他のログをご覧下され(つまらぬログですが)



 小さい頃から親戚が代々宮司をしている神社で遊んだり手伝いをしていたダす。結構古くて大きな神社なんダすよ。高校生になると同時に袴を履いて神事の手伝いもさせられたダすな。また、母方の大叔母と叔母は、神道系の霊媒師でスた。恐山のイタコの鑑識を取得していたので、毎年祭の時期になると 恐山へイタコとして出向いていたりしたダすよ。 だもんで、恐らくはオラも神道系の血が混じっているのダしょうねぃ。子供ン頃から色々不可思議な体験をしてまスたもんで。

 あの日は、本当に突然のことでスた。酔っ払って、半分居眠りをしながら車をブッ飛ばして来たドライバーが、オラの乗った車に激突してたダよ。後部座席に居たオラの背に、ぶつかった車のボンネットがめり込むような形になっていたそうダす。首がね、ゴキって云ったんダすよ。ほいで、途端に意識が薄れてきて、思い出しもしなかった子供の頃や学生時代の思い出がどどーっ!とね、TVニュースのダイジェスト状態で、物凄い速さで溢れて来たダ。

「ああ、終わったな。こりゃ、死ぬんだな。ああどうしよう・・・」

オラは冷静にそんなことを心ん中で呟いてて、ほいでスイッチが切れたみたいにストンと意識が落ちたダ。

暫くして気が付いたら、スイスの高原風景によく似た場所に立っていて、綺麗な川が流れているのが見えたダよ。「あいや、これってもしかして・・・三途の川ダぁな?夢?現実?ところでオラって何してたんだっけ?」なんて事を考える余裕さえ有ったダ。だども、周囲には誰一人いないし、静かだったんダすよ。川の向こう側に誰かが立っているなんてぇことも無かったダ。そうしたら、声だけが響いてきた。

「お前にはまだやるべきことが残っている。戻れ。」

男か女かよく解らない深味のある声だった。戻れって、そりゃあ此処は心地良いダが、矢張り戻りたいよなあ・・・でもどうやって・・・なんて考えている内にハッと目が覚めたら 救急車で搬送されている途中だったダ。オラの横たわる傍で弟が泣いていたダ。

やるべきこと かー。
何をしなければならないのか解らねぇダが、兎に角オラはまだ死ねねぇってことか。ふぅん・・・とりあえず了解。

 そこから暫くして、オラの夢に見知らぬ黒髪の女性が出てくるようになったダよ。ある時 彼女はオラを地球の外まで連れて行ったダ。その後 オラにこう聞いてきた。「あなたはわたしたちとちょうわできますか」と。何のことか訳が解らず返事に困っていたら、そのままスっと消えたダよ。

不思議な夢から目覚めたその瞬間から、オラの目には、今まで見えなかった筈のモンが見えるようになっていたダ。植物の周りには光のタマタマが飛び、人間や動物の頭上には光の輪が見えたり、部屋の床をピンクの可愛いワンピースを着用したネズミがてってけてーと横断していったりねぃ。もうね、冗談じゃないかと。オラは病気なのか、あの時 実は死んでいて、今のオラは幽霊なんじゃないかと(笑 本気で悩んだダすよ。だども、メシは旨いし、ウンコも出るし、家族や友人とも会話できてるわけだから、間違い無く生きているよなぁ・・・なんてねぃ。

 また夢の中に彼女が現れたダ。今度はオラの方から聞いた。
「調和ってなんですか?」
彼女は相変わらず無表情で機械的な口調でこう云ったダ。
「こころをつなぐことです。わたしたちだけでは まだちからがたりないので、わたしたちとおなじひとをふやしています。」
その時オラはどこかの綺麗な海の上にいたダ。
突然高波がザーッとかかってきてびっくらこいた途端、目が覚めたダよ。

気になってしょーもなくてねぃ、ネットで色々調べているうちに ある方の残したウェブページと出逢ったダすよ。かつて某大型掲示板でVIPと呼ばれる存在となった方が綴ったものでスた。彼の実話は延々と10ページにわたって綴られているダすが、きっかけはオラと違えども、起こった事象に幾つか共通点が有ったダ。驚き半分、安堵が半分。兎に角ね、複雑な気持ちで読んだダすよ。ほいで、ページを丸ごとHDDに落として保存したダ。

これまで誰かのブログで彼の話が紹介されていたなんてぇことは、恐らく無いダしょうなぁ、ひっそりとUPされているページなんダす。今では一部のちゃねら(某大型掲示板の住人)の話題にのぼることさえ 滅多に無くなったダすなぁ。世代が変わってしまったのかも知れませんダ。オラたちは立ち上げ当時の住人ダすからねぃ;

 彼の残したページは今でも残っているダす。だども、ひやかし半分でのご拝読は なさいますな。オラも含めて、アンビリーバボォな体験をしちまった人々は”言わないだけ”であって、実際には世界中に沢山居るのだと思うダすよ。再度申し上げますダが、オラはオカルト分野に関しては未踏に等しい人間ダすが、彼の経験はオラと共通点が多いダ。

真面目な気持ちでご覧になりたい方は ここクリ⇒

コメント

_ バジル ― 2009年08月22日 11:05

初めまして。

最近よく覗かせてもらってます。

やはり、不思議なことはあるんですねぃ。
私も2回程ちょっとだけ不思議な体験をしたことがありますが、
今度はぜひ「調和」の女性に会ってみたいだす。
もう歳だから無理かなぁ?(笑)

前回のクジ引きの話しも思わず笑ってしまって
アヤシイ人になっちゃった。

ではまた。

_ 榮華楼 ― 2009年08月22日 15:14

> バジルさん
はじめまスて、バジルさん。いつもご覧下さって、ありがとうございますダ。

ありますダねぇ。バジルさんも 見えない筈の存在を認めざるを得ない体験をなさったようダすねぃ。年齢は関係ないそうダすよ。いつだったか彼女に聞いたら「本人の意識次第」ってなことを云ってまスたもんで。
恐らくは人間だれにでもそういったスイッチが必ずついていて、何らかのタイミングで意識が変わった時にスイッチが入るようになっているんじゃないかと思いますダ。オラの場合は生死の境に立つ事で、生きているのではなく生かされていることに気付いた瞬間ダしょうねぃ。(他にもあるのかも知れないダすがオラにはまだよく解りません)

この女性、不思議なんダすよ。何も特徴の無い人なんダす。何度も逢っているのに、黒髪の女性という他は、服装も顔立ちも直ぐには思い出せない位に印象に残らないんダすよ。美人でも不美人でも無く、色黒でも色白でも無く、中肉中背。笑いもしない無表情。ほいで、話す時は口が動いていないのに、オラの耳には彼女の声がきちんと聞こえるんダすよ(笑

ああ、8月19日のログのことダすね!?あれは・・・(笑 もうね、当りを引かされた感がありまスたよ。暴露しちまいますと、てきとーに手を入れてくじをかき混ぜていたら、当りくじが勝手にオラの手に吸い付いてきたダす。

今度バジルさんの興味深い体験もお聞かせ下され。楽しみにしておりますダ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック