お塩先生、証拠隠滅に携帯電話を捨てたと白状?2009年08月24日 12:15

先日のログ:お塩先生大変です、第2の女性が浮上です。より

麗城あげはさん(■中■織さん)の親友である女性が、亡くなる直前に電話を受けていたらしいという情報を紹介したダすが、その中には

 「押尾に(携帯)電話を隠されてた (ので連絡できなかった)。 『警察に電話するなよ。救急車も呼ぶな。絶対にバカなことはするなよ』と脅されて、怖かった。でも (具合が悪くて)、もうダメかもしれない」

との発言があるダ。
お塩先生が携帯を取り上げて隠してしまったという証言ダすな。

そして、今日のTV報道各社によれば、お塩先生が 彼女の携帯電話を捨てたと証言したことを発表しているダ。携帯電話が見付かったのは、六本木ヒルズレジデンスの外にある植え込みの中だそうな。こりゃあもぅ、証拠隠滅しようとしたのがバレバレではございませんかのぅ?

彼女の両親が「警察は事件性が無いというのに、娘の携帯電話を返してもらえない」と話しているという証言も出ていたダすよね。
 ↓
『・・・親族が「Tの携帯が“紛失”し、それを警察が捜そうとしないなど不誠実な対応をとっている」と証言している。葬儀後、Tさんの母親がクラブ関係者A氏に語った逸話だ。遺体と対面するため3日に上京した両親は、警察で「娘さんはたくさん人が集まる場所で亡くなった。事件性はない」と聞かされたという。死因は不詳。これだけの説明で納得できるわけはない。お母さんが『あの子の携帯がない』と訴えると『部屋をくまなく探せば出てくるかもしれませんね』と人ごとのように言われたらしい。』

遺留品の中に携帯電話が無いという証言について、この段階になって合点が行くようになったダすね。警察は誤魔化していたのでも 不誠実な態度を取っていたのでもなく、両親が駆けつけた8月3日の時点で お塩先生に捨てられていた為、本当に無かったわけで、ごく最近まで警察も押収できていなかった←の訂正⇒8月4日に押収された後、間違いなく彼女の携帯電話であると確定し、極秘に重要データを収集していたのではないダしょうか。その約3日後にご両親に見付った旨を連絡しているようダすね。(一部お母様の証言)ということになりゃしませんかぃ?この3日間で彼女の着信履歴・発信履歴・メールの送受信履歴などをくまなく調べてデータを取ったのダしょうねぃ。んで、調べ終わってからご両親に連絡した と。ご両親にさえ直ぐには明かせないということは、マスコミや一般の人々に漏れてはマズイ情報を含んでいたからダしょうねぃ。

ご両親には、彼女の携帯電話が見付ったことが知らせられたと思うダすので、少しだけ安心できたんじゃないダしょうかねぃ。だども彼女は戻って来ないダな・・・その悲しみはどこまでも変わらないダすが、せめてご両親の納得する結果が出て欲しいと願うダす。

お塩先生は、オーバードーズの症状が出た彼女を見て、警察や119番通報が出来ないように 携帯電話を取り上げて隠したらしい。その後、彼女は苦しみながらも自分の携帯電話を探して見つけ出したということになるダな!?その後 彼女が息絶えてしまい、慌てたお塩先生が 再び彼女の携帯電話を証拠隠滅の為に 植え込みに隠した・・・と 推察できるダす。これが本当なら有罪以外に何があるダ。


2009年8月24日 12:10 UP
日テレNEWS24 より抜粋

押尾学容疑者、知人女性の携帯電話を遺棄か

合成麻薬「MDMA」を使用した疑いで逮捕された俳優・押尾学容疑者(31)が、出入りしていたマンションで死亡した知人女性の携帯電話を屋外に捨てた可能性のあることが新たにわかった。

 押尾容疑者は今月3日、東京・港区のマンションでMDMAを使用した疑いで警視庁に逮捕された。このマンションの部屋で死亡していた30歳代の知人女性の体からは多量のMDMAの成分が検出されている。

 その後の警視庁の調べで、女性の携帯電話がマンションの外にある植え込みから見つかっていたことがわかった。押尾容疑者は「女性は手をけいれんさせたり、歯を食いしばったりしていた」などと話しているということで、警視庁は、女性が回復後に通報することを恐れた押尾容疑者が、携帯電話を捨てた可能性もあるとみて調べている。

 また、押尾容疑者は警視庁の調べに、「違法なものだとわかっていた」と供述しており、その後の調べで、以前から繰り返しMDMAを飲んでいたことを認める供述をしていることもわかった。

 押尾容疑者は24日に拘置期限を迎え、起訴されるかどうか判断される。

さて、間も無く 起訴か不起訴かが発表されるダす。
ここまできて「不起訴」ということは無いダしょうねぃ。続報を待ちますダ。
--------------追記--------------
17:20
 
『娘の携帯が見当たらないと警察に聞いた。「番号は何番?」「どんな色?」「どんな飾りをつけていましたか?」と聞かれた。見当たりませんでしたでしょうか?と聞いたら、「現在のところ見当たらない」と言われた。』

逮捕翌日(8月4日) 操作中の映像
刑事A:「おいこれか!」
ナレーション:捜査員が見つけたのは紫の携帯電話
このあと遺族に・・・

『葬儀が終わった翌日(8月7日頃) 警察から「携帯電話が見つかった」と連絡があった。』

お塩先生、あげはさんのご両親がコメントしています。2009年08月24日 14:15

番組名:ミヤネ屋

麗城あげはさんの ご両親を直接取材

ご実家の6畳の和室には仏壇と沢山の花と 彼女の写真。
仏壇の遺影は昨年6月に弟の結婚式の際に撮影した着物姿の写真。

以下、ご両親のコメントとして報道された内容の一部ダす。
(録画したわけではなく、放送と同時にその場でタイピングしたものダすので、一部抜け落ちがあるかも知れません。)

============================================================

3日早朝 警察から亡くなったという連絡が来たので、兎に角迎えに行かないと・・・わけも解らずかけつけた感じです。・・・娘の遺体とは死亡解剖後にしか会えませんでした。

(警察が手渡した死体検案書について)
私たちが頂いた死体検案書には「死因負傷」と書いてありました。
死亡推定時刻:午後6時
通報時刻:9時19分 と 書いてありました。

3時間もあった。110番や119番にもっと早く通報してくれていたら 娘も楽だったかも知れない・・・今思うことはそれだけです。何らかの理由で通報できなかった。それが何なのかは解りませんが、現場に駆けつけた関係者においても、現場に娘を放置したことについては罪なのではないでしょうか。冷静な人たちが、なんで対処できなかったんだろう。

ホステスの仕事は「やりたくてやっているんだ もっと頑張るからね」と言っていた。銀座のママになることが夢で、参列した仲間から「銀座のママは夢じゃなくて 現実になりそうだったんですよ」と教えてくれました。

去年6月の弟の結婚式の際 東京見物した時に逢ったのが最後になってしまいました。忙しくて帰れないから、私たちに東京においでよ、来ればいいのにと言ってくれていました。

本当に麻薬中毒なら、自分の部屋に親や兄弟を呼んだり他の人を招きいれたりしますか?しないでしょう?本人を知っている人は そんなことする子じゃないと言ってくれていました。私たちは娘を信じるしかない・・・。

押尾容疑者は、娘が亡くなっていることをどう思っているのか。ラッキーと思っているのか、大変なことになったと思っているのか。自分に不利なことは話さないかも知れないが、本当のことを話して罪を償って欲しい。24日に拘置期限がきれるでしょ・・・(この間数秒 聞きモレ)それは警察と法律に任せるしか無い。もしかしたら、悔しい思いをするかも知れない。

--------------追記--------------
17:20 

『娘の携帯が見当たらないと警察に聞いた。「番号は何番?」「どんな色?」「どんな飾りをつけていましたか?」と特徴を聞かれました。見当たりませんでしたでしょうか?と聞いたら、「現在のところ見当たらない」と言われた。』

逮捕翌日(8月4日) 操作中の映像
刑事A:「おいこれか!」
ナレーション:捜査員が見つけたのは紫の携帯電話
このあと遺族に・・・

『葬儀が終わった翌日(8月7日頃) 警察から「携帯電話が見つかった」と連絡があった。』


============================================================
ご両親、ご兄弟の辛さと悔しさは計り知れないものダす。
どれ程悔しかったことかと思うと、オラも言葉が出てきませんダ。

オラの友人も、家族を殺人という形で 或る日突然失ってしまったダすよ。つい先日 友人のお母様ともお話しまスたが、表向きは精一杯の笑顔で元気にしていても、心に開いた穴は一生消えないんダすよね。友人もそうダす。この間もぽつりと言っていたダ。「みんな気を使って、死んだ兄弟の話題や、それに関係する話を出さないんだよね。」きっと、周囲の気遣いに気付いた時の友人は、ありがとうと思う反面で その度 亡くなった兄弟のことを思い出して辛い気持ちになってしまったんだろうと思うダす。彼女のご両親や弟さんも、きっと 同じ経験をしていくのだろうと思うダよ・・・。

それがどんなに辛いことかは、同じ経験をした方々にしか解らないと思うダ。
オラもね、17年前に突然大切な人を事故で失ってしまったダが、未だに昨日のことのように覚えているし、忘れようったって忘れられない記憶なんダす。悲しくて、悔しくて、やりきれなくってさ、何をしたって この穴は埋まらないんダすよね。これが家族や我が子ならもっともっと穴が深くて大きくなっちまう。オラでさえ当時はショックで神経衰弱になっちまった程だったから、遺族の悲しみは想像を絶するダなぁ。

これまで両手に収まる骨壷に入れられ小さくなってしまった オラにとって大切だった人々。沢山見送ってきたダが、何度経験しても大切な人を失う辛さに慣れることは無いダよ。

死ぬこととはどんな形であっても、その人の人生を完成させた瞬間なんだと解っていても、矢張り悲しくてどうしようもなくてサ、オラの目からは大粒の涙がこぼれてしまうダ。

お塩先生=押尾学容疑者 起訴2009年08月24日 15:26

リアルタイム情報
ニュース速報:押尾学容疑者が起訴されまスた。

詳しい情報は後ほど更新しますダ。

お塩先生 15:25頃に「起訴」の速報

三田警察署前は雨ダすなぁ。
なんだかもぅ、降らされてる感じダすねぃ;
こっちは雲ひとつ無い晴れダすもん。(←A草近辺)

【起訴とはどういう状態をいうか】
三省堂 大辞林 三省堂三省堂より

裁判所に訴えを起こすこと。
特に、刑事訴訟法上、検察官が公訴を提起すること。
------------------------------------------------------------
この時点で再逮捕がなければ、弁護士は保釈申請を行い⇒裁判所でお塩先生の保釈の可否を決めることとなる。現在 保釈に関する続報待ち。




再逮捕にならないダすかそうダすか;どうやって丸め込んだものかねぇ。


押尾学容疑者を麻薬取締法違反罪で起訴
- 芸能 - SANSPO.COM

 合成麻薬MDMAを服用したとして、麻薬取締法違反の疑いで、俳優の押尾学容疑者(31)
=川崎市高津区=が逮捕された事件で、東京地検は24日、同罪で押尾容疑者を起訴した。

 事件は、東京・六本木ヒルズのマンション一室で今月2日、高級クラブホステス(31)が
死んでいるのが見つかったことが発端。一緒にいた押尾被告が3日に出頭し、
尿検査でMDMAの陽性反応が出たため逮捕していた。

 捜査関係者への取材によると、押尾被告は当初、取調べに対し
「(死亡した)女性からもらった固形物を飲んだが、違法なものとは思わなかった」と容疑を否認。
しかしその後「(錠剤は)違法なものだと分かっていた」と供述を一転させ、容疑を認めていた。

 押尾被告は「錠剤をもらって一緒に飲み、女性は2錠目を飲み異変が起きた」と説明。
押尾被告は「女性に心臓マッサージを試みたが、回復せず、怖くなって部屋を立ち去った」と供述している。
女性の遺体からもMDMAの薬物反応が検出され、女性の肋骨(ろっこつ)は折れていた。

 事件当日の2日、押尾被告から連絡を受けた知人が119番通報し、救急隊員が部屋へ到着したのは
午後9時20分ごろ。急変した女性を残して部屋を出た押尾被告が麻布署に出頭したのは3日午後で、
体調が急変した女性を放置したことによる保護責任者遺棄致死罪に問われるかどうかも注目されていた。