お塩先生=押尾学容疑者 起訴2009年08月24日 15:26

リアルタイム情報
ニュース速報:押尾学容疑者が起訴されまスた。

詳しい情報は後ほど更新しますダ。

お塩先生 15:25頃に「起訴」の速報

三田警察署前は雨ダすなぁ。
なんだかもぅ、降らされてる感じダすねぃ;
こっちは雲ひとつ無い晴れダすもん。(←A草近辺)

【起訴とはどういう状態をいうか】
三省堂 大辞林 三省堂三省堂より

裁判所に訴えを起こすこと。
特に、刑事訴訟法上、検察官が公訴を提起すること。
------------------------------------------------------------
この時点で再逮捕がなければ、弁護士は保釈申請を行い⇒裁判所でお塩先生の保釈の可否を決めることとなる。現在 保釈に関する続報待ち。




再逮捕にならないダすかそうダすか;どうやって丸め込んだものかねぇ。


押尾学容疑者を麻薬取締法違反罪で起訴
- 芸能 - SANSPO.COM

 合成麻薬MDMAを服用したとして、麻薬取締法違反の疑いで、俳優の押尾学容疑者(31)
=川崎市高津区=が逮捕された事件で、東京地検は24日、同罪で押尾容疑者を起訴した。

 事件は、東京・六本木ヒルズのマンション一室で今月2日、高級クラブホステス(31)が
死んでいるのが見つかったことが発端。一緒にいた押尾被告が3日に出頭し、
尿検査でMDMAの陽性反応が出たため逮捕していた。

 捜査関係者への取材によると、押尾被告は当初、取調べに対し
「(死亡した)女性からもらった固形物を飲んだが、違法なものとは思わなかった」と容疑を否認。
しかしその後「(錠剤は)違法なものだと分かっていた」と供述を一転させ、容疑を認めていた。

 押尾被告は「錠剤をもらって一緒に飲み、女性は2錠目を飲み異変が起きた」と説明。
押尾被告は「女性に心臓マッサージを試みたが、回復せず、怖くなって部屋を立ち去った」と供述している。
女性の遺体からもMDMAの薬物反応が検出され、女性の肋骨(ろっこつ)は折れていた。

 事件当日の2日、押尾被告から連絡を受けた知人が119番通報し、救急隊員が部屋へ到着したのは
午後9時20分ごろ。急変した女性を残して部屋を出た押尾被告が麻布署に出頭したのは3日午後で、
体調が急変した女性を放置したことによる保護責任者遺棄致死罪に問われるかどうかも注目されていた。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック