77777人目は誰ダしょ?2009年08月26日 00:33

みなさん、こんばんは。

水虫の手入れ してまスか?
人ごみの中でバレないようにすかしっ屁ができてまスか?

オラがブログ「榮華楼心情」のカウンタが、間も無く
77777 をカウント致しますダ。
これも皆さんが来て下さったお陰ダす。
ありがとうございますダ。

それから、ブログのURLをピックして
あんなところやそんなところに貼って下さった方々にもお礼を
申し上げますダ。

77777を踏んだ方は、きっと何か良いことあると思うダよ。
そうでない方みなさんにも、良い事がありますようにと、いつも
願っておりますダ。

これからも宜しくお願い申し上げます。


― 榮華楼 ―

オカルティックな金曜ナイト2009年08月22日 01:32

 オラは数年前に一度”三途の川”ってぇのを見て来たダす。
一瞬の間に、人生を走馬灯のように見る・・・という体験もしまスたダ。

 以前から”その気配”は自覚していたダすが、その日を境にして、オラの身の上には時折 理屈では説明のつかない出来事が起こるダすよ。今夜のログタイトルを「オカルティック」としたのは、それらの事柄が通常なら目で見える物事では無い分野になっちまうからなんダすけれどね。オラ、オカルトには殆ど興味が無いダす。だども、オラの身に起こった事実は事実として認めているダすよ。

 こういう話を他の方にすれば、大抵は気味の悪い奴だと思われるので、普段は滅多に話しませんダが、晩夏の思い出話として残しておこうと思うダす。ご興味の無い方は他のログをご覧下され(つまらぬログですが)



 小さい頃から親戚が代々宮司をしている神社で遊んだり手伝いをしていたダす。結構古くて大きな神社なんダすよ。高校生になると同時に袴を履いて神事の手伝いもさせられたダすな。また、母方の大叔母と叔母は、神道系の霊媒師でスた。恐山のイタコの鑑識を取得していたので、毎年祭の時期になると 恐山へイタコとして出向いていたりしたダすよ。 だもんで、恐らくはオラも神道系の血が混じっているのダしょうねぃ。子供ン頃から色々不可思議な体験をしてまスたもんで。

 あの日は、本当に突然のことでスた。酔っ払って、半分居眠りをしながら車をブッ飛ばして来たドライバーが、オラの乗った車に激突してたダよ。後部座席に居たオラの背に、ぶつかった車のボンネットがめり込むような形になっていたそうダす。首がね、ゴキって云ったんダすよ。ほいで、途端に意識が薄れてきて、思い出しもしなかった子供の頃や学生時代の思い出がどどーっ!とね、TVニュースのダイジェスト状態で、物凄い速さで溢れて来たダ。

「ああ、終わったな。こりゃ、死ぬんだな。ああどうしよう・・・」

オラは冷静にそんなことを心ん中で呟いてて、ほいでスイッチが切れたみたいにストンと意識が落ちたダ。

暫くして気が付いたら、スイスの高原風景によく似た場所に立っていて、綺麗な川が流れているのが見えたダよ。「あいや、これってもしかして・・・三途の川ダぁな?夢?現実?ところでオラって何してたんだっけ?」なんて事を考える余裕さえ有ったダ。だども、周囲には誰一人いないし、静かだったんダすよ。川の向こう側に誰かが立っているなんてぇことも無かったダ。そうしたら、声だけが響いてきた。

「お前にはまだやるべきことが残っている。戻れ。」

男か女かよく解らない深味のある声だった。戻れって、そりゃあ此処は心地良いダが、矢張り戻りたいよなあ・・・でもどうやって・・・なんて考えている内にハッと目が覚めたら 救急車で搬送されている途中だったダ。オラの横たわる傍で弟が泣いていたダ。

やるべきこと かー。
何をしなければならないのか解らねぇダが、兎に角オラはまだ死ねねぇってことか。ふぅん・・・とりあえず了解。

 そこから暫くして、オラの夢に見知らぬ黒髪の女性が出てくるようになったダよ。ある時 彼女はオラを地球の外まで連れて行ったダ。その後 オラにこう聞いてきた。「あなたはわたしたちとちょうわできますか」と。何のことか訳が解らず返事に困っていたら、そのままスっと消えたダよ。

不思議な夢から目覚めたその瞬間から、オラの目には、今まで見えなかった筈のモンが見えるようになっていたダ。植物の周りには光のタマタマが飛び、人間や動物の頭上には光の輪が見えたり、部屋の床をピンクの可愛いワンピースを着用したネズミがてってけてーと横断していったりねぃ。もうね、冗談じゃないかと。オラは病気なのか、あの時 実は死んでいて、今のオラは幽霊なんじゃないかと(笑 本気で悩んだダすよ。だども、メシは旨いし、ウンコも出るし、家族や友人とも会話できてるわけだから、間違い無く生きているよなぁ・・・なんてねぃ。

 また夢の中に彼女が現れたダ。今度はオラの方から聞いた。
「調和ってなんですか?」
彼女は相変わらず無表情で機械的な口調でこう云ったダ。
「こころをつなぐことです。わたしたちだけでは まだちからがたりないので、わたしたちとおなじひとをふやしています。」
その時オラはどこかの綺麗な海の上にいたダ。
突然高波がザーッとかかってきてびっくらこいた途端、目が覚めたダよ。

気になってしょーもなくてねぃ、ネットで色々調べているうちに ある方の残したウェブページと出逢ったダすよ。かつて某大型掲示板でVIPと呼ばれる存在となった方が綴ったものでスた。彼の実話は延々と10ページにわたって綴られているダすが、きっかけはオラと違えども、起こった事象に幾つか共通点が有ったダ。驚き半分、安堵が半分。兎に角ね、複雑な気持ちで読んだダすよ。ほいで、ページを丸ごとHDDに落として保存したダ。

これまで誰かのブログで彼の話が紹介されていたなんてぇことは、恐らく無いダしょうなぁ、ひっそりとUPされているページなんダす。今では一部のちゃねら(某大型掲示板の住人)の話題にのぼることさえ 滅多に無くなったダすなぁ。世代が変わってしまったのかも知れませんダ。オラたちは立ち上げ当時の住人ダすからねぃ;

 彼の残したページは今でも残っているダす。だども、ひやかし半分でのご拝読は なさいますな。オラも含めて、アンビリーバボォな体験をしちまった人々は”言わないだけ”であって、実際には世界中に沢山居るのだと思うダすよ。再度申し上げますダが、オラはオカルト分野に関しては未踏に等しい人間ダすが、彼の経験はオラと共通点が多いダ。

真面目な気持ちでご覧になりたい方は ここクリ⇒

あわせて「のりしお」2009年08月19日 12:33

※のりしお=酒井法子氏+押尾学氏

やぁやぁ、みなさんこんにちは。どなた様もこんにちは。
旨い昼飯 食いまスたかー?

上司や先輩、お客様に叱られて ションボリーノで不味い飯を食っちゃった方は、一瞬でも嫌なことを忘れて腹の底から笑ってみるダ。笑顔でいればきっと良いことがあるさ。気分が低空飛行の方は、先ず The World of GOLDEN EGGS Episode21 「オレの爺ちゃん」でも見ておくんな。日産noteのCMで一躍有名になった アントニオとエヴァ夫婦&爺ちゃんのエピソードは、何度見てもシュールで面白いダ。辛うじて残っていた動画をペタリーノするダよ。

声の出演
・アントニオ(墨入り青年):ラリー
・エヴァ(妻):モニカ
・エミリオ(爺ちゃん):小栗旬

リンク元
http://golden-eggs-movies.blogspot.com/2009/08/episode-21.html

Episode21に登場する「アントニオ」は 両肩に墨が入り、発する言葉や行動もヤバイのだが、本当は心優しいお爺ちゃんっ子である。「爺ちゃん」と呼ぶ声が、限りなく「でぃーちゃん」に近い発音である。また、妻のエヴァは普段から語尾に「~系」と付けて喋るが、なかなかクレイジー。
一般的なアニメと違うのは、先にセリフを収録してから セリフに合わせてアニメーションを作成している。個人的にEpisode21が傑作だと思えるのは、アントニオの妻「エヴァ」役のラリーが収録中ツボにハマって必死で笑いを堪えたのをNGにせず、そのまま導入して活かしてしまったところ。久し振りに見る方も、初めての方も息抜きに見ておくんなさい。


さぁーて、気分を切り替えたところで

「のりしお」噺を再開するダよ。


・・・つづく

吉夢が正夢になった日2009年08月19日 03:30

榮華楼、お盆休みを頂戴いたしまスたダ。

その間 お世話になった皆さん、本当にありがとうございまスた!
先日のチケットも無事に届いたようダすし、いやー、よかった。

8月7日の朝、夢を見たダ。
夢の内容は教えられないダが、目が覚めて直ぐに

「ああ、今日"くじ"を買ったら絶対当たるなぁ」

という 妙~な確信があったダすよ。
珍しく強気だった オラ。

さて、宝くじ売場に行くか、行くまいか。

だども折角だから、目先の金を欲しようとは思わずに居よう。
もしも 良いことがあったのなら、自分の為に使わず 誰かにそれを分けてあげてもいいじゃねっか。 なんてねぃ、柄にも無いことを思っちまったわけで。

結局 宝くじは買わずに一日を過ごし、夜がやって来たダ。

外での夕食に誘われて、近くの駅ビルまで歩いて行ったダよ。
その日は気分も良くて、手術傷の痛みも無く 絶好調だったもんで、大好物の蕎麦をたらふく食べようと思ったダ。

大盛の蕎麦を平らげて、勘定を済ませた途端、店員さんが 下の方から何やら取り出してオラの前に置いたダ。赤い箱。くじ引きだったダ。

「女子プロレスのチケットが

抽選で当たりますので、

2枚引いて下さい♪」



え?まさか・・・


まさか、これか? 

これなのかーーー!?


まさかの女子プロレス


            >┼○ バタッ


ああ、なんてこったい、多分 当たるよ。どうしよう。
しかも8月16日のチケットなんて、オラ、実家に帰省してるから無理だよ。
他にもっと女子プロレスファンの方に当たればいいのに あああああ・・・っ

「どうか当りませんように」

と、すげー適当に2枚引いたダ。

くじ:一枚目

「あああっ♪ お客様っ!

当りですぅぅぅぅぅ!!」


            >┼○ バタッ

くじ:二枚目

「あっ・・・、ああああっ!!

きゃあーーーっ!

2枚目も当りですよぉっ!

お客様っ

すっごいですっ!!

こんな・・・

ホラ、箱にこんなに

くじ残ってるのに

当り、3本しか

ないんですよ!」



  わ
   あ
  あ
 あ
  あ
    ぁ
      ぁ
       ぁ
      ぁ
     ぁ
>┼○ バタッ



当るって、これだったのか・・・。
5000円チケットをペアで二組、合計2万円也。
矢張り当てちまった。
ああああ・・・・どうしよう。

これをどうやって誰かにお裾分けしようか と 考えた結果、
先日の「チケット差し上げます」に至ったわけダす。

応募してくださった方 みなさんにお譲り出来たらよかったダすが、どうしても3名の方にしかお譲りできなんだ。あみだくじでハズレてしまった方々、本当にすみませんダす。またチケットを当てたらお譲りするダよ。

オラの代わりに観戦したみなさんが笑顔なら、オラはそれで充分素晴らしい贈り物を貰えたなぁと思うダよ。善い夢が見れて良かったダ。神様サンキュウベロベロマッチョ!!

美闘家伝説~プラム麻里子13回忌メモリアル~2009年08月09日 01:01

【美闘家伝説17th チケットを無料で差し上げますダ】

近所で引いたくじで、女子プロレスのチケットが4枚当たりまスた。
来週日曜日なので日にちがありませんダが、
どなたかにお譲り致しますダ。

欲しい方はコメント欄までご連絡下され。
尚、ご希望者のコメントは一切公開致しませんのでご安心下され。

-----------------------------------------------------

公式サイト
http://www.llpw.co.jp/?p=2040

LLPW後楽園ホール大会
美闘家伝説17th ~プラム麻理子 13回忌メモリアル~

【開催日】2009年8月16日
【開 場】17:30~
【メモリアル テンカウント】 18:25~
--------------------------------------------------------
えるれぼさんのブログより抜粋
http://llrevo.exblog.jp/

■プラム麻里子メモリアルスペシャルマッチ
※対戦カードは当日発表
 出場選手:神取 忍、ハーレー斉藤、尾崎 魔弓、ダイナマイト・関西、コマンド・ボリショイ、風間ルミ
*セコンドにイーグル沢井さん・キューティー鈴木さんがつきます。
■タッグマッチ
立野 記代&小林 華子 vs 井上 貴子&豊田 魔波
■タッグマッチ
堀田祐美子&植松 寿絵 vs ジャガー横田&GAMI
■グラマー★エンジェルス第5期生ミラ・デビュー戦
 トドエ vs ミラ
■シングルマッチ
 遠藤 美月 vs ジャンボ堀
--------------------------------------------------------

オラが当てたチケットの詳細

リングサイド 南側H列2席
リングサイド 南側C列2席

以上の4席ダす。
共にエルエルピーダブルからのご招待券ダす。
ご希望者が多い場合は、くじ引きで決めたいと思いますが、
ご希望者が少ない場合は 投稿順にお譲りする予定ダす。

当然ですが、無償で差し上げます。


※募集期間 8月9日~8月12日24時まで
※ご希望の方はメールアドレスをお知らせ下さい(勿論非公開に徹します)
※時間がありませんので早急なご連絡をお願い致しますダ



―榮華楼―

========================================================
追記:8月12日 10:30am

現在のご希望者数は 3名 です。

内 2名の方がペアチケットをご希望しております。

そうダすよね、ペアがよいダすよね。わかります。


ご希望者みなさんのご意見を元に、チケットをペアにするかシングルに

するかを決めたいと思います。この件におきましては、ご希望者のみなさん

にメールにてご連絡申し上げます。


ペアでお譲りする場合は、先日お知らせしたとおり抽選に致します。

抽選方法は、厳選なる「あみだくじ」で行う予定ダす。

========================================================
追記:8月13日08::00pm

ご応募ありがとうございまスた!

ご希望者数は 5名 です。

【抽選について】

この度、ペアチケットご希望者と シングルチケットご希望者とに分かれましたので、
家族会議の結果 ペアチケットを1名、シングルチケットを2名の方にお譲りすることに致しました。
何卒ご了承下さい。

後ほど ご連絡下さったみなさまにメールにて結果をご報告致します。

========================================================
追記:8月13日 11:30pm

厳選なるあみだくじの結果、当選者が決定致しました。
#シングルチケット2名 ペアチケット1名
翌日速達にて配送致しますので、よろしくお願い致します。

ご応募下さり、ありがとうございました!


榮華楼
=======================================================

ゴルゴ13風に過ごす15時2009年07月30日 15:00



・・・。

・ ・ ・ ・ ・。


・・・時間だ。

おやつのキットカットを渡してもらおう。


オラは群れる趣味がない。

・・・

・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・ 自 宅 で ほ ぼ 自 営 業 だ 。

顔を見せない依頼主の仕事は引き受けたことはない。

自営は…10%の才能と20%の努力
そして、30%の臆病さ…
残る40%は…”運”だろう…な…

フ・・・・・・。



仕事の納期が迫っている。
オラの体が、本能が、”時間がない 急げ”と告げる……

やれやれ、一体何だってこんな時間に腹が減ってしまったのだろう。

「どうして昼食に消化の早いソーメンを食べてしまったのだろう」
俯き加減にオラはそう嘆いた。
しかし、本当はこうなることを望んでいたのではなかったのか。
オラはなぜかそんな気がした。

高カロリー食品なんて安っぽい代物はいらない。
オラが欲しいのは「低カロリー食品」なんだ。
完璧なソーメンなどといったものは存在しない。
完璧な絶望が存在しないようにね。

「ね、お昼にソーメン3人前を食べてもおやつの時間にはお腹が空くわけ?」
と アユミは冷蔵庫から冷えたキットカットを取り出しながら言った。
「たぶんね」
「腹持ちが良いか悪いかを考えながらソーメン食べるわけ?」
「まあそうだろうね」
とオラは言った。
「株式相場とか動詞の活用とかスエズ運河のことを考えながらソーメンを3人前食べる男はまあいないだろうね。まあだいたいはソーメンのことを考えながら食べているんじゃないかな」
「スエズ運河?」
「たとえば、だよ」
「馬鹿みたい。見ればわかるじゃない」とアユミは言った。
「彼にその趣味があるかは知らないけど、あれはとにかくソーメンよ」

・・・。

・・・・・・・・・。

って、あれれぇぇぇ~~~っ?

いつの間にか 村上春樹になってるダ
ヤダなー、おっかしぃーなー・・・
・・・。

・・・・・・・・・。

それは・・・オラが、うさぎのように臆病だからだ…
だが…
臆病のせいでこうして おやつを食べている…

・・・フ・・・。

時間だ。


・・・・・・。




代打:壊れかけのデューク・東郷

ふがふが日和2009年07月28日 13:00

ナナやんですっ ふがふがっ

今日はご主人様に代わってアタシが代打しちゃうわよ~!

みんな、おさしぶりーー!

どぅお?アタシもすっかり美しいレディーになったでしょー♪アタシ、もぅ直ぐ3歳半になるのっ年頃のオンナになったワ!体重も29kgになったのー。お洋服は犬服8号サイズの豊満ボデーだわよ~!!これでもゴールデンの中じゃ小柄な方なのよねー。

ふがふが
★画像:榮華楼と一緒にドッグカフェに行った時のよ♪
榮華楼は「カレー」ってゆうのを喰ってたワヨ~

榮華楼のヤツとは月に1~2回しか逢えなくなっちゃったから、今は毎日 榮華楼のパパ&ママに遊んでもらってるのよ。でもやっぱり榮華楼に逢えなくて寂しいのっ!この間、電話のスピーカー機能で榮華楼が「ナナやん、元気にしてるかぃ?」って話し掛けてくれたんだけどね~、アタシ、てっきり榮華楼が二階の部屋にいるのかと思っちゃって、すっごいテンションアップしちゃったのっ!

ほいで何時間もずーっと待ってたのに、榮華楼は来てくれないし、夜になっちゃってパパ&ママも寝ちゃうし・・・
寂しすぎて三日三晩『ぅぉおおおん』って遠吠えしちゃったの~
くぅぅ~~ん・・・


でもねっ あのね、最近ね、

アタシにお友達でけたのよ~。

沢山でけたのよ!!

えーと、えーと、人間語難しいから
榮華楼パパ&ママの言葉を借りてゆっちゃうとね、


田中くん(男子高校生17歳)

と、

公園でたむろってる不良共

(19歳前後男子5~6名)

なのよ~!みんなとっても素敵な人たちなの~ふがふがっ♪

田中くんはねー、アタシが夜のお散歩に出る時間に合わせて出てきてくれるのよ~。ママに内緒で煙草を吸いにお外に出てくるんですってよ~。いつも逢うからお友達になっちゃったの!ほいで一緒にアタシとお散歩してくれるのよ♪カレは福祉の道に進むために大学受験勉強中なんですって。でも、ママが厳しすぎて よく喧嘩しちゃうから、息抜きに夜のお散歩をするってゆってたわ~。アタシ、田中くんだーい好きっ ふがふがっ!!田中くんとのラブラブなお話は、また今度するわね~。

あとねー、公園でたむろってる不良ども のみんなはね~、夜になると現れて 公園の片隅に円陣を組んでビール飲んでるのよ~。頭に白いタオル巻いててね~、ラジカセ持っててね~、なんかカッコウィッシュなダンスをみんなで踊ってるのよ!すっごく上手なのよ♪アタシがふがふがしてたらね、「うわーでけぇー」ってゆうの。でも、「触ってもイイすか~?」ってゆうから、榮華楼のママが「いいわよー」ってお返事したら、みんなで わーいってアタシのこと撫で撫でしてくれたわ♪ アタシもう、ふがふがよ~~っ!

最初にアタシに触れた子がねー、すっごい強面なのよ~。人間の「ヱグザイル」ってゆうグループの「アツシ」ってゆう人みたいに 見た目怖い感じなんだけど、アタシみたいなデカいワン子に生まれて初めて触れたんですってよ~!ふがっ!見た目とのギャップに笑えて、アタシ、一杯 その子の顔をペロしてあげたの~。アタシね、好きになった子じゃないと ペロしてあげないのよ~。

それ以来、アタシ、公園でたむろってる不良どものみんなが大好きになっちゃったの~!今では一緒に円陣に加わって ビールを貰ってるのよ♪ついでに いつも公園内を榮華楼のママに代わって お散歩までしてくれちゃうのっ!素敵ぃぃ~!!だから夜のお散歩がとっても楽しみなの~♪今日は誰に逢えるのかしら~♪


アタシの近況はこんな感じよ~。ふがふが。

榮華楼のヤツが帰ってくるとね、アタシったら 思わず興奮して 鼻笛がピッピピッピ鳴っちゃうのよ~。ほいで、榮華楼を押し倒して、一時間位 顔も頭もペロしたり 身体をこすりつけたりして全身で喜びを伝えてみてるの~。 榮華楼が今の住処に戻る時まで、アタシ、榮華楼にぴったりくっついて離れないのよっ ふがっ!いなくなっちゃわないように、トイレもお風呂も一緒に入っちゃうのっ!勿論 一緒にベッドで寝てるのよ~。

今度逢えるのは「お盆」なんですって~。
「お盆」って、美味しいの~?ふがふが?
「今年の夏も川に泳ぎに行こうね」って約束したから、すっごく楽しみにしてるの~♪アタシ、川で泳ぐの大好きなのよ!今度みんなにも見せてあげるわね~♪



ナナやん@榮華楼代打

ブログ再開なのだ2009年07月07日 23:37

あなたが 噛んだ かかとが 痒い。
きのうの 夜の かかとが 痒い。


あっ! 

蚊ッ!

蚊よ。お前だけは生かしておけねぇダ。今のオラにとって お前ごときに喰われただけで病院行きなのだよ。どうか解ってくれ。ええいっ バシッ。

おっと、こりゃ失礼、皆さんおこんばんは。大分長い間休んでしまったダが、オラぁ今から2年半ぶりにブログを再開させるダぇー!過去の殆どのエントリは行く先が定まらず混沌としていたのでねぇ、一 気 に 非 公 開 w 時にはこんな潔さも大事だと思ったわけダす。

 さて、これまでのオラは何度か命の危機に晒されて来たダが、止めの一発は癌の発症だったダな。キタ―――。これがまたねぇ 見事にリンパ腺の上にできたんだぁよ。 ほいで 除去は出来たが、顔の一部と耳の神経が切られちまったもんだから 現在も麻痺状態が続いているダ。歯医者さんで麻酔を掛けられた状態がずっと続いている感じサね。しかし慣れれば 普段の生活はなんてこと無ぇダよ~。 ついでに抗がん剤治療は一切拒否したので、オラ自身を信じて 自然治癒を目指しながら 日々愉しく闘病生活を続けているところダす。

転移や再発があれば、それはそういう運命なんだろう。
だとしても、オラはそれを悲観しないだろうと思うし、最後まで真っ直ぐに生きていこうと思っているダ。 気持ちがそう定まった途端にね、何やら 自分の中からストンと落ちたモンが有ったようで、それ以来、オラに不幸と感じることが無くなったダ。きっと一度精神的に死んで再生したんだろうと思う。

オラの過去を知る方は、再開後のブログで オラの今の心情が解るのかも知れないし、解らないかも知れない。いずれにしても、今のオラが 紛れも無く 素のまんまのオラ。 波風の無い人生よりも、波乱万丈の人生で良かったと 今は素直に思うダよ。

んじゃ また。

アマちゃん2006年07月06日 09:53

 毎年夏になると、オラが自宅の玄関で 毎晩のごとく、こやつメが門番をしてくれています。アマガエルの「アマちゃん」、今年も現れました(゜∀゜) 玄関の明かりに集まる虫さん達を アマちゃん一族が処理してくれています。昼間は こんな風にブロックとブロックの隙間に身を潜めてじっとしていますぞ。ちなみに、どのアマガエルでも、我家では「アマちゃん」。この子は その中の「アマちゃん」。(って どいつだよ;
ギリギリまで寄せてシャッターを切ったんですけれど、アマちゃんは体長が2センチちょっとのボディ。小っさくて可愛いです。夕方から明け方に掛けて、玄関の壁を スパイダーマンの如く ペタペタとよじ登り、狙った獲物をを瞬時にキャッチして食べています。

白骨の章2006年03月28日 22:04

そもそも 人間は 浮き草のようで

その有様を見るに 儚きものは
この世に生まれ 暮らし 死にゆく 幻のような一生


一生は 過ぎやすい


自分が先か 人が先か 今日とも 明日とも 知れない
後から逝く人 先立つ人 次々に逝く有様は 
木の元の雫 葉先の露が しげく落ちるよりも 多いという

だから

朝は紅顔でも 夕には白骨になる身
無常の風が 吹き来れば 二つの眼は たちまちに閉じ
ひとつの息が 長く途絶えれば 
紅顔は 虚しく変わり 瑞々しい桃のような顔色を 失う

そのとき 親類が集まって 嘆き悲しんでも
命を 戻すことは できない

そうもしていられないから 野辺送りをして 夜半に荼毘
(だび)にふしてしまえば 白骨だけが 残る


哀れ  と云っても

そんな 言葉で 表せることじゃない




あな かしこ    あな かしこ



[蓮如上人]